工場エンジニアリングのプロフェッショナルが生産現場のお役立ち情報、
サービスを提供します

実績情報

センタレス研削盤 3連編成(粗・中・仕上加工)全自動ライン構築 

サービス範囲 現地確認 ⇒ 打合せ ⇒ 見積 ⇒ オーバーホール+搬入出コンベア新規設計/製作+レーザー測長自動補正+AEセンサ+電力負荷測定追加 ⇒ 現地立ち上げ
施工対象 工作機械
メーカー 旧:日平トヤマ(現:コマツNTC)
施工分類 オーバーホール+搬入出コンベア新規設計/製作+レーザー測長自動補正+AEセンサ+電力負荷測定追加
オーバーホール+新規製作 6ヶ月
業界 自動車部品
概要 研削工程(粗・中・仕上)の全自動化ラインの構築 と 追加機能の新規設計/製作

内容

症状:before 

 旧:日平トヤマのインフィード専用センタレス研削盤 CLGシリーズの3台による粗加工から中加工・仕上げ加工を自動で行いたいと、自動車部品業界のお客様よりご相談をいただきました。お客様のご要望を実現するためには、ご使用の研削盤:CLG-2Bが老朽化対策としてオーバーホールを行った上で、全自動ラインと構築のために機能追加の新規設計・製作することが必要でした。

 具体的な実施する内容として、研削盤CLGシリーズに対して、QW:研削砥石とRW:調整車のオーバーホール。全自動ラインとするために、各種センサーやコンピューター数値制御の更新や新たな測定器の設置などです。

 これらの提案をお客様に行い、羽根田商会にご依頼いただくことになりました。

症状:after

 まず研削盤のオーバーホールを実施、その後に必要な機能を追加。

【オーバーホールの内容】

Step① QW:研削砥石とRW:調整車に対して、セラミック溶射とメタル摺合修正を実施

Step➁ RW:調整車のリングコーンを減速機付きモーター+インバーター(三菱電機製)仕様に改造

Step③ 切込軸とQW:研削砥石ドレス2軸をサーボ仕様に改造

Step④ QW:研削砥石ドレスにAE(Acoustic Emission)センサーを取付

Step⑤ 研削盤のCNC(Computer Numerical Control)を全面更新を実施

【追加機能の内容】

改造➀ 粗加工・中加工:研削盤へ

搬出コンベアにKEYENCE製 センサヘッド:TM040 2次元高速寸法レーザー測定器を取付。このレーザー測定器によって機械から排出されたワークを全数測定し、研削盤本体にフィードバックを行う自動補正仕様へ改造。

改造➁ 仕上げ加工:研削盤へ

研削盤へ電力負荷測定装置を取付。研削盤自体での自動補正を実現。

 

 工作機械のオーバーホールを行った上でレーザー測定器や監視装置を新たに設置することで、工程別の研削盤を3台使った全自動ラインを構築。今回のお客様の生産ラインの生産性向上を実現いたしました。

資料ダウンロード

羽根田商会の生産技術や製品に関するお役立ち情報をお届けします。

資料ダウンロードフォーム

お役立ち情報

お役立ち情報 実績情報